〈温泡〉泡たてネット[M便 1/5]
〈温泡〉泡たてネット[M便 1/5]
〈温泡〉泡たてネット[M便 1/5]
〈温泡〉泡たてネット[M便 1/5]
〈温泡〉泡たてネット[M便 1/5]
〈温泡〉泡たてネット[M便 1/5]
〈温泡〉泡たてネット[M便 1/5]
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 〈温泡〉泡たてネット[M便 1/5]
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 〈温泡〉泡たてネット[M便 1/5]
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 〈温泡〉泡たてネット[M便 1/5]
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 〈温泡〉泡たてネット[M便 1/5]
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 〈温泡〉泡たてネット[M便 1/5]
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 〈温泡〉泡たてネット[M便 1/5]
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 〈温泡〉泡たてネット[M便 1/5]

〈温泡〉泡たてネット[M便 1/5]

通常価格
¥1,800
販売価格
¥1,800
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
 全国配送料0円
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

36℃の温かい泡が作れる洗顔ネットです。温泡なら、顔をゴシゴシ洗わなくても汚れがすっきり落ちます。
※スタートガイドは常に最新の情報に更新されていますので、表紙のデザインが実際のものと異なる場合があります。

■冷たい泡で汚れが落ちにくいことをご存知ですか?
冷たい泡だと、毛穴が閉じてきれいに洗えません。
お肌の毛穴は温かいと広がりますが、温かい泡なら毛穴の奥まですっきりきれいに洗い流せます。
冷たい泡だと毛穴が閉じてしまって、汚れは毛穴の中に残ったままになります。

【12個の温泡キューブを採用】
■36℃の温かい泡を作るには?
プロでも難しい技術が必要です。温度が高すぎても低すぎても、36℃にはなりません。またお湯の量が多すぎると質の悪い泡になり、反対に少なすぎると泡ができません。そこでこの温泡洗顔ネットには、適量のお湯をキープする特殊なキューブを12個入れました。密度の違う独自のキューブを計算された密度で入れています。このキューブが必要なお湯を含んで、泡立ちをサポートするので誰でも10秒で36℃の温かい泡を作ることができます。

■3分でわかる”スタートガイド付き

スタートガイド付きだから、届いたその日からプロの温泡が作れます。
※この商品は使用している時に限り洗顔を改善するものであり、商品未使用時の洗顔を改善するものではありません。

サーモグラフィーで温度を測定した結果、36℃になりました
泡の温度について
※環境や時間の経過により温度は変化します。
※室温25℃、水温42℃で泡を作り測定した結果
※温度は常に変化するため、必ず36℃になることはありません。

■ご注文の前にご確認ください
<泡の体感温度について>

従来の泡立てネットで作られた泡は15~20℃程度の冷たい泡ですが、この泡立てネットなら温かい泡が作れます。ただし、温かい泡とは、あくまでも従来の泡との比較です。体温は36.5となっているため、体温よりも温度が低い「温泡」でポカポカと感じることはないことをご理解ください。ホカホカを体感できませんが、体温に近い泡は脂汚れをしっかりと落としてくれます。
※商品が新しくなりました。これによりネットのヒモが水色からオレンジに変更になっています。

〈温泡〉泡たてネット[M便 1/5]

通常価格
¥1,800
販売価格
¥1,800
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
 全国配送料0円